コヨヨコ ~coyoyoco~
心は世につれ、世は心につれ。身近な「心」について探ってみます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は何かを目指します(笑
あけましておめでとうございます。
ふと、ブログを更新する前に、上がってるツイートまとめを読んだのですが。
・・・ムキー系の活躍は、今も変わってないな(笑
もうね、ロボットみたい。何かセンサーとかタイマーとか内蔵されてるに違いない(笑
ほんといったい誰トクなんだろ。誰のためになるんだろ。自己満足なら空しいよなぁ。
そんな環境でいる自分が、違った意味で、とっても心配(苦笑
そんなことは、さておきw
今年は、何か思っていること、考えていることをカタチにしたいと考えてます。
ちょっと自分の知識の裏付けを証明したく。
資格とか検定とか、チャレンジしてみようと思います。
まぁそれを得たところで、それこそ自己満足なのかも知れないけど。
世間に対する顔向けはできるかな、と。
何か言おうとしても、
「ワケワカンナイ奴に言われたくないよ」
って返されるのは、やはり何も「証明」が無いから。
それを今、実務で証明しようとしても、結局は内輪でしか認められない。
それが世間に対して何の価値があるのか。
それを考えたいです。
資格や検定って、少なくとも
「それに関して勉強した」
「それについての知識がある」
ってことになりますもんね。
あとはその知識を、どう使っていくか、だから。
「資格取ったところで・・・」とかどうこう言う奴は、結局自分の周りでしか存在示せてないワケだからね。
TVとかメディアに出てるとかだと、露出多い分、世間に認めてもらえることも多いでしょうけど。
そんなコネやノウハウがない自分にとっては、ある意味、公的でも民間でも「証明」されることが必要かな、と。
このブログは、人間関係とか含めて、「心」をテーマにしているので。
(まだカタチになるもの、無いけどね(笑))
それに関すること、何か証明できるものを、考えてます。
と、新年の決意表明として、ここに記します。
ではまた^^
スポンサーサイト
お久しぶりです。
…既にTweetまとめが上がってますが^^;

このブログを、また更新していきます。

この2年間、何をしていたのかというと。
このブログを始めたきっかけは、ブロガーとして自立、という目的もその一つ。
本業は会社員だけど、色々な事情により、本業だけでは生活が成り立たないので。
副業を考えた時に、ブログは取っ掛かりやすいことだったのかも知れないです。

しかし、そのモチベーションを削がれる出来事があり。
それを続ける理由が崩れ去りました。

そしてその後、旧知の人との再会から、「心」を扱う役割を担いたい、という意欲が湧き。
新しい夢、と言うところでしょうか。
しかしそれも、主に経済的な理由で、シュリンクしてしまい。学校とか研修とかで、やはり先立つものが必要で。自分の力の無さが悔しいところ。
でも、その人との交流は今も続いており、その夢は未だ諦めてなかったりします。

本業以外にも、いろんなことをしていました。
ブライダル映像制作は、元からやりたかった映像関係に携われるということ、そしてそれまでとは違う業界の、いろんな世代の方々と出会い、いろんな刺激をもらい、非常にやり甲斐がある。
やはり人の幸せに、裏方ながら関われるのは、自分も嬉しくなりますよ^^
ほんと、いろんなこと覚えられるし、趣味にも活かせそう?

次に配達関係。新聞やって、そして牛乳を。
朝も早よから起きて、軽トラックに積み込み、そして各家庭を配達に回る。
ラジオ聴きながら、ドライブもできるし、身体も動かせる。気楽なもんです。
業界が大変なのは肌で感じるけど、実入りはまだ良い方。やり甲斐は、けっこうありますよ。
軽トラしか入れない狭い道行くので、運転技術は向上するかな。MT車だから余計に。
上げ下ろしで上半身に筋肉つくのも…イイのかな(笑)

代行運転とかも。
簡単に言うと、2人1組でお客様先に随伴車という軽自動車で向かい、1人はお客様の車を運転する「前乗り」、もう1人は随伴車でお客様の車を追っかける「後乗り」。
後乗りなんて気楽なもんですよ。前に付いて行きゃイイんだから。先々行かれて追っかけるの大変な時もあるけどw。
目的地に着いたら距離に応じた料金をお客様からもらうだけ。それが何件か続き。慣れたら楽しい。
…けど、実入りは、ギリギリ我慢できるくらいw。
まぁドライブでの気分転換ができるから続けられるくらいかな。

そんなこんなで、いろんな人生経験してきてます(笑)。本業にも活かされるかなぁ。いずれ本業が変わるかも知れないけど(苦笑)

…という具合に、ここではあまり包み隠さず、ある程度はありのままに、自分に、そして周りに起こる出来事を、過去を振り返りながら書こうと思います。

まぁ主に、本業の、内容そのものと言うよりかは職場環境や人間関係について書くのが主なところになってくると思います。書き出したら止まんないんだろうな。たぶん、マイナスな感情の時に、この話題が膨らむと思いますw

そして副業に関する悲喜こもごもなんかも、程度見て書いていこうと。まぁ書ける範囲でね。ご迷惑かけたらいけないので、そこは自分自身の体験を中心に。せっかくの人生経験だから。
まぁ、言っちゃいけないことは、書きませんよ(笑)。

という訳で。
たまたまこのブログを見かけた方、興味があれば…追っかけてみてくださいw

ではまた。
続けることの大切さ
久しぶりの投稿です。
ごぶさたしておりました。

毎日ブログを続けるって、けっこう「書く」ことを意識しないといけないですよね。

と、頭では簡単に考えるのですが、手が動かない。
アレコレと考え出すと、なおさらピタッと止まってしまうんですよね。

「考えるな。感じろ」じゃないですけど(笑)、とにかく思ったことを文字にするだけでも、記事って書けてしまう。
実際こうやって書いてますしね^^;

そういう意味で、世間で「ブロガー」って呼ばれる方々のエネルギーっていうのは凄いですよね。
特に「プロブロガー」という、ブログだけで生きて行く覚悟をされた方のパワーって、ホントに凄いと思います。

私もブロガーの端くれとして、やはり自分の頭ん中を「文字」にすることを意識していこうかな、と思います。

よし、ひと記事書けた(笑)
これからもよろしくお願いしますm(._.)m

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

恋チュン動画
いやもう、たいていの人はご存知だと思うんですけど。

AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」、略して「恋チュン」。



ものすごくキャッチーで、元気が出て、ほんとに日本の経済とか良くなりそうですよね(笑

私が特に「スゴいな」と思うのが、ここから派生して、さまざまなバージョンの「恋チュン」動画ができていること。
特に「走れ!歌謡曲」リスナーとかだったら、お気に入りじゃないのかな。
AKB48の演歌歌手、岩佐美咲さんが歌う、演歌バージョン。



アレンジが変わると「恋チュン」も演歌(というか音頭?)になっちゃうのか、と。「和」を感じますね。

そして非常にお気に入りなのが、日本の企業や自治体から個人まで、いろんな方々が自分たちの「恋チュン」をつくり上げていること。

その中でも、何回も見てしまうのが、「ジャパネットたかた」の「恋チュン」。こりゃほんとスゴい。



何がスゴいかって、高田明社長はじめ、全社員と思われる社員の方々が、けっこう本気で踊ってること。
これ皆さん、相当練習したんじゃないかなぁ、って。受付、秘書、広報、企画、営業、バイヤー、メディア・コンテンツ、物流、総務、人事、関連会社、関連施設・・・などなど、とにかく「ジャパネットたかた」で働く社員さん総出で作りあげていて。

個人的にはサビのところがグッとくる楽曲なのですが、そこで思わず涙してしまうんですよねー。
企業のトップからスタッフまで。フロントオフィスもバックオフィスも。企業が成り立つ上で、何ひとつ欠けちゃいけない方々が一丸になり・・・いやもう、この団結力と遊び心、すごくうらやましいですね。
今は、そんなこと皆無な環境なので余計に。

その他もいろいろ、数えきれないくらい、思わず見入る「恋チュン動画」はたくさんあるので。
時折見ては、リズムに合わせて、ノリノリで元気もらおうと思います^^

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

「働かないオジサン」
「働かないオジサン」がいない会社の工夫 40歳に訪れる「こころの定年」にどう対処するか | なぜあのオジサンは、働かないのか? - 東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/28896

いやぁ。すごく良くわかりますね。
確かに記事に書かれているリクルート社は、若くして独立する社員が多いのでしょうけど。

2ページ目の図が、すごくわかりやすいです。
上に行ける、昇進できる人は限られるし、上に行けば行くほど門は狭くなり、押し出される人も増えるワケで。

リクルート社では38歳のときに辞めると、受け取る退職金が最大になるそうで。
「働かないオジサンが生まれ始める時期が40歳直前」というのも、身に沁みてわかる。
大手の企業はたいてい、40も半ば過ぎてヒラだと、もう昇進は難しいですしね。そういう人を何人も見てきました。
なるほど、リクルート社はそこを見越した退職金設定をしてるんですね。

私も38歳を過ぎてから、何か働きにくくあった、というのがある。もともと昇進の意欲がないので、専門性は伸ばしたいと思っているが、結局は会社がゼネラリストしか評価しないところであれば、結果は自明ですよね。

「会社員人生には、前半戦と後半戦がある」。
40過ぎた自分は、もう後半戦に差し掛かっているのかも知れない。
「自分の在り方」を、強く考えなきゃいけない時期なんですよね。

「こころの定年」は40歳、というのも、すごく良くわかるし。
これから会社で定年まで、どう過ごそうか。自分のやり甲斐をどこに見つけようか。
何かと通り一辺倒に自分のやってきた、成功して来た(と自分で思ってきた)方法を人に押し付ける人も居るけど、そんなに人って単純じゃないし。
自分の道は自分で作らなきゃいけないですよね。会社にこだわる必要もないのかも知れないけど^^;

・・・と、このテーマは書き始めると終わらないのですが(笑
この東洋経済オンラインの連載は続くみたいなので、ウォッチしようと思います。

ではまた^^
copyright © 2017 コヨヨコ ~coyoyoco~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。