コヨヨコ ~coyoyoco~
心は世につれ、世は心につれ。身近な「心」について探ってみます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
解雇はその人のためになる・・・
解雇はその人のためになる
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140120/258468/

続いて「日経ビジネスオンライン」の記事から。

はたまた刺激的なタイトルですね。
連載「60歳と30歳で会社をつくる」から、ライフネット生命保険の出口治明会長兼CEOの記事です。

日本ではなかなか受け入れられない言葉「解雇」。
確かに聞こえは非人情的かも知れません。

しかし、出口会長が1998年、大手金融機関のSBC(スイス銀行コーポレイション)とUBS(スイス・ユニオン銀行)が合併、新生UBSが誕生した時に、新生UBSの頭取だったマルセル・オスペル氏は、3000人のリストラを敢行。
出口会長がオスペル氏に
「アンヒューマン(非人情的)じゃないですか」
と言ったところ。

やりとりの後、
「リストラせずに社内に人材を塩漬けにするほうが、ずっとアンヒューマンなんだよ」
と返されたとか。

やりとりは記事を参照していただくとして。
「そういう考えもあるんだなぁ」と。

そりゃ、解雇される側からすると、納得できなかったり、途方にくれたりもするでしょうけどね。
必死で次の職を探さないといけない状況にもなるでしょうけど。
会社を放り出された後、次の仕事で花開くこともある、と。

当然、そうなる前に、自分に「これ」という能力を備えておかなければいけないと、次の職に就くのも難しい。
もし今の環境で「塩漬け」になっているとしても、自身のエンプロイアビリティ(雇用されるための能力)は備えてないといけないし、日々それを磨く努力は怠ってはいけないのですよね。

そこら辺はほんと、スポーツ選手に例えるのがわかりやすいですよね。
プロ野球で解雇された選手のその後をTVで見たりしますけども。
ほんと「終身雇用制度」に守られる時代が、ガラガラ崩れそうな、そんな風向きを覚悟しないといけないのかも。

その時の備えは、きちんとしておかなくてはいけませんね。
もちろん、今頑張れる環境があれば、できる限りやる、というのが大前提ですけど。
いろんな場面を想定した「自分」を、日々ちゃんと意識しておきたいな、と思いました。

それではまた^^
スポンサーサイト

テーマ:キャリアを考える - ジャンル:就職・お仕事

「おまえ何回言えば分かるんだ」「500回」
「おまえ何回言えば分かるんだ」「500回」

http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140123/258698/


いつも愛読している「日経ビジネスオンライン」の記事です。
少し前に読んだのですが、タイトルが衝撃的で。
人間ってそういうものなのかぁ、って思いました。

そう話すのは、名古屋市で個別指導塾を経営、1000人以上の子どもたちを指導してきたという、坪田信貴氏。
聞き手は日経ビジネス副編集長の小平和良氏です。

厳しく叱りつけて育てる上司。
ほめて伸ばす上司。
どちらが良いかとの問いに、

「答えは決まっています。ほめて伸ばすタイプの上司です。」

と、断言。叱りつけるのは、信頼関係を築いてからだ、と。
読んでて納得。腑に落ちました。

自分の実体験に照らし合わせると。
もちろん、やることをやらなかったり、ポカをすれば叱られるのは仕方ないのですが。
頭ごなしに怒られると、やはり委縮してしまうもので。
諭すように叱ってくれる上司には、感謝したいなと思います。

個人的には、ほめて伸ばすタイプの上司には恵まれて来なかった気がします。
自分の向き合い方にも左右されるのかも知れません。
そういうタイプの上司には、しがみついてでも付いていきたいですけどね(笑

要するに、「本気で向き合う」ことなのですよね。
自分に「本気」が見えなければ、相手も「本気」で接してくれない。
そこのところは臆せず、自分を出して行かなきゃいけないのでしょうど。

私には子供がいます。
逆に自分が子供を叱るときには、なるべく怒らず、諭そうと考えるのですが。
どうしても腹立たしい時は、ついカッとなって声を張り上げてしまったりします。
手を出すことは控えますけどね。連れ合いからは「甘い」って言われたりしますが(苦笑

自分の子供にも、何回「わからない」と口答えされても、何回でも(500回までは?)自分の考えを教えようと思います。
そんなの、数えてられないけどね(笑)。まぁそういう意識を持つ、ということで。

それではまた^^

テーマ:働くということ - ジャンル:就職・お仕事

copyright © 2017 コヨヨコ ~coyoyoco~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。